Members

代表 寺内 元基
1976年石川県生まれ。
海洋研究者、木製サーフボードビルダー、家具デザイナー。
(公財)環日本海環境協力センター 主任研究員 / 合同会社 GT Designs代表

大学卒業時に始めたサーフィンがきっかけとなり、メーカー勤務のサラリーマンから海の研究者へ転身する。海洋研究の傍ら、自然と一体となり最高の環境でサーフィンすることを追い求めた結果、その土地の上流の山の木でサーフボードを作るようになる。世界的に名高い木製サーフボードビルダーであるPaul Jensen氏を師と仰ぎ、2010年に日本で初めてPaul Jensen氏の木製サーフボード自作教室を開催する。その後、大学時代に学んだ建築の知識を生かし、自宅敷地内に工房を設置し、本格的に木製サーフボードや家具製作を始める。2017年にリバーテーブルの製作依頼が入るようになり、同年12月に合同会社GT Designsを設立する。

-経歴-

1999年  3月:法政大学工学部建築学科卒
1999年  4月:株式会社アイ・オー・データ機器入社
2005年  5月:株式会社地球科学技術政策研究所入社
(財団法人リモート・センシング技術センターへ出向)
2006年  6月:財団法人環日本海環境協力センター入社
2014年  9月:長崎大学大学院生産科学研究科博士後期課程修了
2017年12月:合同会社GT Designs設立

-論文・著書 / Publication-

Terauchi G and Maeda T (2016) Status of and Issues Associated with Eutrophication Assessment and Seagrass Mapping by Remote Sensing in the Northwest Pacific Region. Bull Coast Oceanogr 54:29-42. (In Japanese with English abstract)

Tsujimoto R, Terauchi G, Sasaki H, Sakamoto X S, Sawayama S, Sasa , Yagi H and Komatsu T (2016) Damage to seagrass and seaweed beds in Matsushima Bay, Japan, caused by the huge tsunami of the Great East Japan Earthquake on 11 March 2011 Int J Remote Sens 37

Terauchi G, Tsujimoto R, Ishizaka J and Nakata H (2014) Influence of river dicharge on seasonal and interannual variability of remotely sensed chlorophyll-a concentration in Toyama Bay, the Sea of Japan La mer 52 (3)

Terauchi G, Tsujimoto R, Ishizaka J and Nakata H (2014) Preliminary assessment of eutrophication by remotely sensed chlorophyll-a in Toyama Bay, the Sea of Japan Journal of Oceanography, 70(2), pp175-184. doi: 10.1007/s10872-014-0222-z

Sasa S, Sawayama S, Sakamoto SX, Tsujimoto R, Terauchi G, Yagi, H. and Komastu T (2012)  Did huge tsunami on 11 March 2011 impact seagrass bed distributions in Shizugawa Bay, Sanriku Coast, Japan? Proceedings of SPIE, 8525, 85250X-6, doi: 10.1117/12.999307

Sakamoto SX, Sasa S, Sawayama S, Tsujimoto R, Terauchi G, Yagi H and Komatsu T (2012)  Impact of huge tsunami in March 2011 on seaweed bed distributions in Shizugawa Bay, Sanriku Coast, revealed by remote sensing Proceedings of SPIE, 8525, 85251B-7, doi: 10.1117/12.999308

Tsujimoto R, Terauchi G, McDonald A, Katou S,Yoneda M, and Fujii N (2010) Socio-ecological Production Landscapes in Japan – Experiences and Lessons from Hokushinetsu Cluster Satoyama and Satoumi: United Nation University, Tokyo, pp. 101.(In Japanese)

Terauchi G, Ishizaka J (2007) Eutrophication monitoring by satellite remote sensing in Toyama Bay. Bull Coast Oceanogr 45:43-49. (In Japanese with English abstract)

Ohnishi M, Ishizaka J, Kasahara H, Nagata H, Shirayama H, Uchiyama I and Terauchi G (2007) Chlorophyll-a distribution in Toyama Bay, Japan, during 1998 and 1999 as observed by Ocean Color Satellite. Oceanogr Jpn 16:7-22. (In Japanese with English abstract)

講演、受賞
2016年度日仏海洋学会論文賞

寺内 健市
2017年にリタイヤ。
趣味の木工を生かしセカンドキャリアを始める。